キャリアリティ Written by Takashi Nii

コラム ライフハック・マネー

引越しの代金を下げたい場合は一括見積サービスの利用がおススメです。この記事では5回の引っ越し経験をもとに、引越見積サービスの特徴と利用方法のコツをお伝えします。なお筆者の実例で東京都内の引っ越し相場8万円から2万円まで下げられたノウハウも公開します。

コラム コラムALL 心理学・哲学・パラドックス

260名以上の心理学者を一覧できるようご紹介します。実験や研究などのキーワードを併せて載せているので、心理学の現象や理論をもう一歩踏み込んで知りたい方はご参考ください。仕事や人間関係ですぐに使えるオススメ心理テクニックを記事の後半で5つ紹介します。

コラム ライフハック・マネー

東京都内のチェーン系カフェを10年ほど回り、勉強や仕事に向いている店を調べました。アイスコーヒーSでコスパを見つつ、HSP視点で作業に適した雰囲気のカフェを探した備忘録です。

コラム 心理学・哲学・パラドックス

プルチックの「感情の輪」モデルを用いて、心理学的に52種類の感情を徹底解説しています。8つの基本感情、16種類の強弱派生、28種類の応用感情などを網羅しています。キャリアや人間関係など、社会生活に役立ててください!

1.準備編 転職ロードマップ

令和の転職市場では、TOEICの勉強が報われないシーンが増えています。この記事では実例を交えて、英語勉強や実務経験が転職にどう役立つのか解説していきます。理想の転職を実現するために、TOEICの勉強や学び直しが必要かご確認ください。

コラム ライフハック・マネー

電力自由化となった現在、約600社が電力を提供しています。その中で電気料金の一部を仮想通貨(ビットコイン)に還元してくれるリミックスでんきについて調べました。結果的に仮想通貨ガチ勢にはおすすめしませんが、ビットコインを手軽に持ち始める第一歩としてはオススメなプランでした。電気代割引プランとの比較と併せてご紹介します。

ライフハック・マネー

楽天モバイルを半年間使った体験レビューを書きました。iPhone12miniはappstoreで一括購入して、SIMのプランは「RakutenUN-LIMIT」です。結果として、直近3ヶ月でデータ使用量は528GB。請求額はたったの264円でした(通話料のみ)。楽天社が携帯業界を価格破壊しにきた背景についても触れます。

ライフハック・マネー

スマホを携帯ショップで買っている方は、時間もお金も損している可能性があります。「SIMって何?」「格安スマホって何?」という素朴な疑問から「ネットでスマホをお得に買う方法」「通信キャリアと販売代理店(携帯ショップ)の関係」など、ビジネスやライフハックとして役立つ情報をお届けします。

ライフハック・マネー

つみたてNISAを始めたいと思っていますか?この記事では初心者向けに、つみたてNISAの解説を行っています。銀行預金との違い、投資利回りの期待値、SBI証券をオススメする理由や銘柄選びのコツなどに触れています。ぜひご参考ください。

0.転職エージェント会社の解説 3.面接編 転職ロードマップ

転職面接のマナーは、ルールと混同されがちです。ルールは守らなければ社会人としてアウトな内容で、マナーは守ることで社会人として評価がUPする良識です。本記事では、対面面接とオンラインwebのマナーについて転職エージェントが解説します。面接官に高評価を貰うためのマナーを身につけましょう。

3.面接編 転職ロードマップ

転職面接のルールを正しく知ると、即お見送りのリスクが一定防げます。注意しておくべきことを事前に確認しておきましょう。服装や髪型、カバン、当日の受け答え、SNSなど転職エージェントが細かく解説します。

1.準備編 転職ロードマップ

dodaの転職フェアは、東京・大阪・名古屋・福岡などの主要都市で開催される日本最大級の規模です。デューダ では営業職やIT職などの職種別、第二新卒や若手向けのセミナーも幅広く実施されています。ドーダの転職フェアのメリットとデメリット・リスクを解説していきますので、記事を読んで転職フェアへの正しい知識を身につけましょう。

0.転職エージェント会社の解説 転職ロードマップ

dodaの運営会社はパーソルキャリア株式会社です。デューダには転職サイトとエージェント(紹介)、スカウトなど様々なサービスがあり、全て無料です。は大手で会員数510万人超のドーダの細かいサポート内容を解説していきます。この記事を読んで、ドダのビジネスモデルや使い方について基礎的な知識を押さえていきましょう。

コラム

猫の腎不全治療を目的として、東大の研究チームがAIMの研究開発を進めています。猫の寿命が30年まで延びる期待があり、個人から2日で3000万円の寄付が集まったとのこと。この事例から、ユーザーのニーズが時代に合わせて変化しているのではと感じています。単なる受け手から、発信者の一端を担いたい。そんな見解をコラムにしました。

コラム 労働法・制度

中国当局は、中国企業が海外IPO(上場)申請を行う際の新たな規制ルールを提案しました。近年、中国企業が活用していたVIEスキーム(変動持分事業体)を取り締まる法整備と見られています。DiDiやアリババを含め、中国発IT企業が個人情報データを収集・活用できないことで、私たちの日常生活にどのような影響が出るか解説いたします